タジマ アキコ
  田島 明子   リハビリテーション学部 作業療法学科   教授
■ 学歴
1. 1991/04~1993/03 東京都立医療技術短期大学 作業療法学科 卒業 準学士
2. 1999/04~2003/09 東洋大学大学院 社会学研究科 福祉社会システム専攻 修士課程修了 修士(社会学)
3. 2004/04~2012/03 立命館大学大学院 先端総合学術研究科 公共領域 博士課程修了 博士(学術)
4. 2015/04~ 東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 基礎相関科学系
■ 所属学会
1. 1999/04 日本作業療法士協会
2. 2010~ ∟ 演題査読委員
3. 2017/04~2019/03 ∟ 編集協力(第二査読)
4. 2019/04~ ∟ 編集協力(第一査読)
5. 2004/06~ 障害学会
全件表示(16件)
■ 受賞学術賞
1. 2007/04 第2回作業療法ジャーナル研究助成受賞
2. 2007/10 第17回全国介護老人保健施設熊本大会奨励賞
■ 現在の専門分野
  医療社会学、障害学, 作業療法学 
■ 著書・論文歴
1. 著書  作業療法学の現代史を描く  知のフロンティア 生存をめぐる研究の現場 知のアート・シリーズ4  72-73頁  (単著)  2017/03
2. 著書  障害受容からの自由-あなたのあるがままに    pp3-12、160-223頁  (共著)  2015/10
3. 著書  「存在を肯定する」作業療法へのまなざし-なぜ「作業は人を元気にする!」のか    pp1-13、137-153頁  (共著)  2014/06
4. 著書  日本における作業療法の現代史-対象者の「存在を肯定する」作業療法学の構築に向けて-    303頁  (単著)  2013/03
5. 著書  日本のリハビリテーション学における「QOL」の検討  老いを治める-老いをめぐる政策と歴史 第5章  178-216頁  (単著)  2011/03
全件表示(92件)
■ 学会発表
1. 2018/11/17 当事者の生きやすさを追求する「共にある場」をつくる作業的要素―わっぱの会と当事者研究会の取り組みの比較検討からの一考察ー(障害学会第15回大会)
2. 2018/09/07 活動・参加を促進する 訪問作業療法の実践知(第52回日本作業療法学会)
3. 2018/08/07 地域在住高齢者のヘルスプロモーションを目的とした住民運営通いの場 における作業療法士の間接的支援 -武豊町憩いのサロンのボランティア養成にかかわる作業療法士 へのインタビュー調査結果からの一考察-(第21回福祉のまちづくり学会)
4. 2017/09/23 障害経験を活かした仕事とピア・サポートの関係―脊髄損傷者用の車椅子を販売する脊髄損傷者へのインタビューを通じての考察(第51回日本作業療法学会)
5. 2017/09/22 「武豊町憩いのサロン」の参加促進要因の探索的研究-当事者・有識者である対象者へのインタビュー調査結果からの一考察-(第51回日本作業療法学会)
全件表示(56件)