タニ テツオ
  谷 哲夫   リハビリテーション学部 言語聴覚学科   教授
■ 学歴
1. 1987/04~1991/03 東北福祉大学 社会福祉学部 社会福祉学科 卒業
2. 1991/04~1993/03 金沢大学大学院 教育学研究科 言語障害児教育学専攻 修士課程修了 修士(教育学)(金沢大学 教修第284号)
3. 2003/04~2011/03 群馬大学大学院 医学系研究科 博士後期課程 修了 博士(保健学)(群馬大学 保健甲第29号)
■ 所属学会
1. 2007~ 日本言語聴覚学会
2. 2010~ 日本医療マネジメント学会
3. 日本高次脳機能障害学会
■ 現在の専門分野
  神経科学 人間工学 (キーワード:神経科学一般、リハビリテーション科学、獲得性吃音、失語症) 
■ 著書・論文歴
1. 著書  地域包括ケア時代の脳卒中慢性期の地域リハビリテーション  コミュニケーション障害    (共著)  2016/06
2. 著書  特別支援教育における吃音・流暢性障害のある子どもの理解と支援      (共著)  2013/07
3. 論文  On the Job Trainingの教育ツールとして我々が開発した職員達成度評価の内的整合性と因子構造の検証
─指導者の指導助言のもと治療が行えるジョブグレードについて─  理学療法科学  33(2),331-336頁  (共著)  2018/04
4. 論文  回復期リハビリテーション病棟を退棟した脳卒中患者の分析―失語症の有無が治療効果と転帰先へ及ぼす影響―  リハビリテーション科学ジャーナル    (共著)  2018/03
5. 論文  Stuttering and compulsive manipulation of tools after hemorrhage in the anterior corpus callosum and cingulate gyrus: a case study  Speech, Language and Hearing    (共著)  2018/01
全件表示(31件)
■ 学会発表
1. 2019/02/21 Stuttering and compulsive manipulation of tools after hemorrhage in the anterior corpus callosum and cingulate gyrus: a case study
2. 2018/06/22 右半球の脳梗塞により吃音症状を呈した一症例(第19回日本言語聴覚学会)
3. 2017/09/17 Stuttering and compulsive manipulation of tools after hemorrhage in the anterior corpus callosum and cingulate gyrus: A case study(10th Asia Pacific Conference on Speech, Language and Hearing)
4. 2016/06/11 右半球を中心とした多発性梗塞により吃音症状が増悪した1症例(第17回日本言語聴覚学会)
5. 2014/11/28 失語症の改善を規定する要因の分析(第38回日本高次脳機能障害学会)
全件表示(46件)