カシハラ リエ
  樫原 理恵   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  看護師の組織文化に対する認識と離職行動への影響に関する分析
■ 概要
  看護師の所属する組織文化の認識が,看護師の定着‐離職行動に及ぼす影響を明らかにすることを目的に,自記式質問紙法により調査を実施した。[定着可能群]は[定着不安定群],[定着不可能群]と比較して組織文化を肯定的に捉える傾向があることが分かった。定着促進には個人能力を尊重することや,専門的な科学的根拠や分析能力を自己に求めている看護師に対して対策を講じる必要があることが示唆された。
研究筆頭者。共同研究につき本人担当部分抽出不可能

  樫原理恵、長谷川智子
  共著   日本看護管理学会誌   日本看護管理学会   15(2),126-134頁   2011/12