フクダ トシコ
  福田 俊子   社会福祉学部 社会福祉学科 ソーシャルワークコース   教授
■ 標題
  技能習得に関するベナーモデルのソーシャルワーカーへの適用
■ 概要
  先駆的な精神保健福祉活動を展開しているA地区にある3ヶ所の施設に勤務する20歳代から60歳代、経験4年から40年の精神保健福祉士資格を持つソーシャルワーカー8名を対象に、インタビュー調査を質的に分析した結果、ソーシャルワーカーの成長プロセスの指標は、①見立て・予測、それに基づいたかかわり、②専門性の捉え方、③振り返りの方法であることが、明らかとなった。
(共同研究につき抽出不可能)

  吉川 公章、福田俊子、村田 明子、須藤八千代
  共著   聖隷クリストファー大学社会福祉学部紀要 No.6   聖隷クリストファー大学社会福祉学部      2008/03