タジマ アキコ
  田島 明子   リハビリテーション学部 作業療法学科   教授
■ 標題
  連載・障害と人権 障害者権利条約・障害者差別解消法の時代―作業療法士への期待
■ 概要
  2014年に日本は障害者権利条約に批准、2016年4月から差別解消法が施行される。そうした時代において障害を持つ人の人権や尊厳を尊重することを作業療法士はいかに実現できるか。条約や法制度と、基本的視座となる「障害の社会モデル」についての説明を行い、作業療法領域における社会的公正を目指す概念として近年、「作業的公正」が提唱されているが、その紹介を行いつつ、作業的公正と障害者差別禁止にかかわる法律、障害の社会モデルの比較検討を行い、最後に今後の課題について述べた。
  田島明子、岩田祐美(全文章を執筆した)
  共著   作業療法ジャーナル   三輪書店   50(4),357-362頁   2016/03