タジマ アキコ
  田島 明子   リハビリテーション学部 作業療法学科   教授
■ 標題
  学会・研修会印象記 浦河べてるの家×UTCP/PhDC討論会「当事者研究の現象学(5)」
■ 概要
  2014年11月16日9時30分から12時30分まで、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部付属「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP)上廣共生哲学寄付研究部門「共生のための障害の哲学」(L2)プロジェクトが主催で、浦河べてるの家×UTCP/PhDC討論会「当事者研究の現象学(5)」が行われた。その際に作業療法のモデルの1つである「川モデル」を浦河べてるの家の精神障害当事者の皆さんが経験したので、その時の模様の報告を行った。
  単著   作業療法ジャーナル   三輪書店   49(3),244頁   2015/03