タジマ アキコ
  田島 明子   リハビリテーション学部 作業療法学科   教授
■ 標題
  「存在を肯定する」作業療法へのまなざし-なぜ「作業は人を元気にする!」のか
■ 概要
  人が作業活動によって元気になるとき、人と作業の関係はどのようなものであるかをテーマとし、熊谷晋一郎氏、立岩真也氏、港美雪氏、田中順子氏、玉地雅浩氏に論考を寄せて頂いた作品集である。以下は本書の目次である。
第1章 自己決定論、手足論、自立概念の行為論的検討(熊谷晋一郎著)
第2章 存在の肯定、の手前で(立岩真也著)
第3章 すべての「働きたい」を肯定する地域をつくる―作業科学に基づく概念枠組みの探求と実践(港美雪著)
第4章 存在を肯定する作業(田中順子著)
第5章 あなたと私のやりとりを支え、交流し続ける身体の営み―顔に出会い身体と向き合う在り方を身体が身体に問いかけながら(玉地雅浩著)

  熊谷晋一郎、立岩真也、港美雪、田中順子、玉地雅浩、田島明子
  共著   三輪書店   pp1-13、137-153頁   2014/06