タジマ アキコ
  田島 明子   リハビリテーション学部 作業療法学科   教授
■ 標題
  作業療法の現代史3・1981~1991―「作業療法の核を問う」までの道筋とその着地点―
■ 概要
  本稿では、1980 年以降、1991 年までの作業療法学の形成の動向、作業療法領域における言説化の特徴を捉え、1980 年代後半に高まった、作業療法の独自性を希求する機運の背景や要因を探った。
  単著   コア・エシックス   立命館大学大学院先端総合学術研究科   7,187-198頁   2011/03