サトウ アツノブ
  佐藤 豊展   リハビリテーション学部 言語聴覚学科   准教授
■ 標題
  臨床実習指導者が考えるクリニカル・クラークシップの問題点に関する文献検証
■ 概要
  本研究の目的は,わが国のリハビリテーション専門職の臨床実習において,臨床実習指導者が考え
るクリニカル・クラークシップの問題点を文献的に明らかにすることであった.対象論文は,医学中
央雑誌とメディカルオンラインに掲載されており,キーワード検索に該当した原著論文であった.検
索キーワードは,「クラークシップ」OR 「参加型」AND 「実習」とした.その結果,キーワード検
索により 215 論文が抽出され,対象論文は,除外基準に該当した論文を除く 5 論文であった.5 論文
内の記載で多く認められたクリニカル・クラークシップの問題点は,「学生が患者の全体像を把握し
にくい」,「臨床実習指導者が学生の理解度を把握しにくい」,「臨床実習指導者の負担が増加する」で
あった.臨床実習指導者が,なぜ上記の問題点をクリニカル・クラークシップの問題点と考えやすい
のか,養成校の教員は原因を分析し,対策を講じる必要がある.

  吉本好延、根地嶋誠、津森伸一、芦澤遼太、泉良太、佐藤豊展、柴本勇
  共著   リハビリテーション科学ジャーナル   15,21-28頁   2020/07