ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  血流制限トレーニング
■ 概要
  血流制限トレーニングは、この20年ほどで数多くの研究成果が発表されているトレーニング法である21)。この手法を用いると、日常生活レベルの低重量負荷でも著しい筋肥大や筋力増加を示すことから、新たなトレーニング法として国内外で注目されてきた。本稿では、血流制限トレーニングに関して、著者の研究グループが実施してきた研究成果を中心に紹介した。
  ◎安田智洋
  単著   トレーニング科学   日本トレーニング科学会   31(4),169-178頁   2020/02