ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Anthropometric, body composition and somatotype characteristics of Japanese young women: implications for normal-weight obesity syndrome and sarcopenia diagnosis criteria.
■ 概要
  健康な女子大学生(年齢18±1歳)を対象とし、身体的特性として形態的(BMI・体脂肪率・SMI)・機能的評価(握力・歩行速度)を調べた。サルコペニア診断としてAWGSの基準を用いた。本研究の結果、女子大学生は、隠れ肥満よりもプレサルコペニア(筋量のみ基準以下)の該当者が多く、体脂肪量以上に骨格筋量の改善が必要である可能性が示唆された。
  Yasuda T.
  単著   Interventional Medicine and Applied Science   akademiai.hu   11(2),pp.117-121   2019/07