ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Repetitive restriction of muscle blood flow enhances mTOR signaling pathways in a rat model.
■ 概要
  繰り返しの血流制限刺激がラットにおける微小血管の酸素分圧とmTORシグナル経路に及ぼす影響を検討した。本研究の結果から、繰り返しの血流制限刺激はラットの酸素分圧を低下させ、さらにmTORシグナル経路を活性化させることから、ヒトにおいても筋萎縮の防止に有効である可能性を示唆した。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  Nakajima T, Yasuda T, Koide S, Yamasoba T, Obi S, Toyoda S, Sato Y, Inoue T, Kano Y.
  共著   Heart and Vessels   Springer   31(10),pp.1685-1695   2016/10