ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  KAATSU training as a new exercise theraphy for femoral head avascular necrosis: A case study
■ 概要
  【目的】ステロイドによる大腿骨頭壊死症患者(女性、34歳)を対象とし、3か月間(計28回)の加圧トレーニング(歩行、カーフレイズ、スクワットなど)を実施した。【結果・考察】患側側のSF-36v2、JOAスコア、最大筋力、骨格筋量、MRI及所見による壊死改善、DEXA所見による骨密度の改善を観察し、大腿骨頭壊死症のリハビリ法として有用だと示唆された。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  Nakajima T, Yasuda T, Fukumura K, Kurano M, Imanishi T, Morita T, Sato Y, Hiraizumi Y.
  共著   International Journal of KAATSU Training Research   日本加圧トレーニング学会   11(1),1-6頁   2015/12