ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  A case of dementia presenting remarkable improvement in activities of daily living through KAATSU training.
■ 概要
  加圧トレーニングを通した、日常生活活動の著しい改善を示す認知症の1例について検討した。その結果、前頭側頭(型)認知症患者は6ヶ月間の加圧トレーニングを実施し、運動機能の顕著な改善を示した。したがって、加圧トレーニングは、認知症患者のADLを改善するのに有効であることがわかった。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  Fukuda T, Fukumura K, Uchida Y, Ootsuka T, T. Yasuda, Iida H, Morita T, Nagata T, Sato Y, Nakajima T.
  共著   International Journal of KAATSU Training Research   Japan Kaatsu Training Society   7(1),pp.13-17   2011/10