ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  週1回の大学スポーツ実技が下肢の筋力・筋パワー維持に及ぼす影響
■ 概要
  本研究は,男子大学生が 10 週にわたる大学スポーツ実技 を実施することで,どのような生理学的変化を示すのかを下肢筋群の機能を中心に測定し,授業期間前後で評価した。本研究の結果、大学スポーツ実技を実践すると,大腿部後面・下腿部後面の筋厚の低下が観察される場合でも、大腿部前面の筋厚は維持することが可能であり、大腿部前面の筋群が大きく貢献する筋力や筋パワーは改善することがわかった。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  一川大輔、安田智洋
  共著   大学体育学   公益社団法人全国大学体育連合   13,35-42頁   2016/03