ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  血流制限下の弾性バンド・トレーニングが高齢者の下肢筋サイズ・安全性に及ぼす影響 ~高齢者に効果的な筋力トレーニング法の開発~
■ 概要
  高齢者を対象として、弾性バンドを利用した血流制限下の低強度レジスタンス・トレーニングをスクワットと膝伸展運動で実施した。その結果、12週間(週2日)のトレーニングによって大腿四頭筋の筋横断面積と最大筋力の増加が観察され、動脈・血管系機能には影響を与えないことが判明した。したがって、血流制限下の弾性バンド・トレーニングは、高齢者や低体力の患者に対して安全を確保しつつ、効果的に下肢の骨格筋肥大を引き起こすことが可能な方法だと考えられた。(実験デザイン、実験実行、データ分析、論文執筆を担当)
  安田智洋、福村和也、中島敏明
  共著   平成27年度 中冨健康科学振興財団 第26回研究助成業績集(分担執筆)   (財)中冨健康振興財団   26(1),1-6頁   2015/09