ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Effects of detraining after blood flow restricted concentric or eccentric training on muscle size and strength.
■ 概要
  脱トレーニングが短縮性(CON)と伸張性(ECC)の血流制限下低強度トレーニング後の筋力・筋サイズに及ぼす影響を比較した。短縮性の血流制限下低強度トレーニングによる筋力増加は6週間の脱トレーニング後も維持され、主に筋肥大の関与によるためと考えられた。(実験デザイン、実験実行、データ分析、論文執筆を担当)
  T. Yasuda, JP. Loenneke, RS. Thiebaud, T. Abe.
  共著   Journal of Physiological Sciences   65(1),pp.139-144   2015/01