ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  血流制限下のセラバンド・トレーニングが高齢者の筋肥大、筋力増加および安全性に及ぼす影響
■ 概要
  高齢者を対象として、セラバンドを利用した血流制限下の低強度レジスタンス・トレーニングをアームカールとプレスダウン運動で実施した。その結果、12週間(週2日)のトレーニングによって上腕屈筋・伸筋群の筋横断面積と最大筋力の増加が観察され、動脈・血管系機能には影響を与えないことが判明した。(実験デザイン、実験実行、データ分析、論文執筆を担当)
  安田智洋、中島敏明
  共著   健康医科学, 第29回研究助成論文集(分担執筆)   120-127頁   2014/05