ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Effects of low-intensity blood flow restricted concentric or eccentric training on muscle size and strength <This PLOS ONE Article is in the Top 10% Most Cited. July 1st, 2017>
■ 概要
  短縮性(CON)と伸張性(ECC)の血流制限下トレーニングが筋サイズと筋力に及ぼす影響を比較した。運動中の上腕二頭筋の筋活動量は、CONがECCより有意な高値を示した。その結果、低強度でも血流制限下での短縮性運動は筋の大きな代謝変化を引き起こし、トレーニング効果としての筋肥大・筋力増加に関連していると考えられた。(実験デザイン、実験実行、データ分析、論文執筆を担当)
  T, Yasuda, Loenneke JP, Thiebaud RS, Abe T.
  共著   PLOS ONE   7(12),pp.e52843   2012/12