ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Comparison of low- intensity blood flow restricted training-induced muscular hypertrophy in eumenorrheic women in the follicular phase and luteal phase and age-matched men
■ 概要
  女性ホルモンが筋の同化/異化作用を示すか検討するため、黄体期(LP)・卵胞期(FP)に区分してトレーニング実験をし、女性の筋肥大反応を調べた。その結果、女性ホルモンは筋肥大の同化亢進と/または異化抑制に作用する可能性が示唆された。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  M. Sakamaki, T, Yasuda, T. Abe.
  共著   Clinical Physiology and Functional Imaging   32(3),pp.185-191   2012/03