ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Age-related, site-specific muscle loss in 1507 Japanese men and women aged 20 to 95 years
■ 概要
  1507名(20-95歳)の日本人男女を対象とし、年齢と四肢/体幹の筋サイズの関係を調べた。結果、日本人男女で加齢に伴う筋萎縮(サルコペニア)には部位差が生じ、特に大腿四頭筋や腹筋群でその傾向が大きいと判明した。(共同研究につき本人担当部分抽出不可能)
  T. Abe, M. Sakamaki, T. Yasuda, MG. Bemben, M. Kondo, Y. Kawakami, T. Fukunaga.
  共著   Journal of Sports Science and Medicine   10(1),pp.145-150   2011/03