ヤスダ トモヒロ
  安田 智洋   看護学部 看護学科   教授
■ 標題
  Muscle activation during low-intensity muscle contractions with varying levels of external limb compression
■ 概要
  異なる外部圧迫強度に伴う低強度筋収縮中の筋活動を検討した。強い外部圧迫147mmHgを伴う低強度レジスタンス運動では、全体の仕事量を維持したままで、筋の活動量を顕著に高めることことが明らかとなった。(実験デザイン、実験実行、データ分析、論文執筆を担当)
  T. Yasuda, W.F. Brechue, T. Fujita, Y. Sato, T. Abe.
  共著   Journal of Sports Science and Medicine   7(4),pp.467-474   2008/12